SCROLL
TOPICS

医療脱毛するならどっち? 蓄熱式・熱破壊式の違いや効果、レーザーの種類を比較

医療脱毛でよく耳にする「蓄熱式」と「熱破壊式」ですが、レーザーの種類もたくさんあって、分かりにくいと感じませんか?

本記事では、今さら聞けない脱毛レーザーの種類と脱毛方法について分かりやすいく解説します。

より効果の高い脱毛方法はどっちか、痛みや脱毛回数、料金についても比べているので、脱毛レーザーを決める参考にしてみて下さい。

医療脱毛レーザーの種類と違い

医療脱毛レーザーは皮膚のメラニン色素に反応して熱エネルギーを発生させる性質を持っています。

レーザーには波長があり、その特徴から3つの種類に分けられます。

アレキサンドライトレーザー

波長の長さは755㎚で、3つの中で一番波長が短いレーザーです。

搭載されている代表的な脱毛機は「ジェントルレーズ」シリーズで、シミやそばかすの治療にも使用されていて脱毛しながら美肌効果が得られます。

ワキなどの太い毛をしっかり脱毛してくれますが、色黒肌や産毛の施術には向いていません。

ダイオードレーザー

波長の長さは800㎚前後で、中間の長さのレーザーです。

搭載されている代表的な脱毛機は「メディオスター」シリーズや「ライトシェア」で、マイルドな刺激なのに深い毛にもしっかりとエネルギーが届きます。

ダイオードレーザーは熱破壊式と蓄熱式の両方で採用されていて、広い幅広い肌質・毛質に対応可能です。

ヤグレーザー

波長の長さはもっとも長い1064㎚で、搭載されている代表的な脱毛機は「ジェントルヤグレーザー」です。

アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーが届きにくい深いひげやVIOにもアプローチできます。痛みが強く出やすいものの、日焼けした肌にも照射可です。

レーザーによって異なる脱毛方法

波長の違うレーザーを組み合わせて同時に照射するなど、各メーカーで最新の脱毛機が次々と登場しており、脱毛方法を選択できるようになりました。

搭載しているレーザーの種類と照射方法によって「熱破壊式」と蓄熱式」の2つの脱毛方法があり、肌質や毛質などに合わせて選びます。

熱破壊式脱毛レーザーの特徴

熱破壊式はショット式とも呼ばれ、すべてのレーザーが対応可能です。

高出力のレーザーを照射するため、漏れや重複照射しないように1発照射するたびに丁寧にヘッドをずらします。

痛みが生じやすく、施術者のスキルで仕上がりに差が出ることも……。

成長期の毛根はとくにメラニン色素が濃く、レーザーを照射すると200度ほどの熱が生じます。

ダメージを受けた毛は早く抜け落ちますが、周囲の肌組織にも少なからずダメージを受けてしまうため、色黒肌の人や敏感肌の人には向いていません。

ただし、メラニンの薄い金髪や産毛には熱が生じにくく脱毛効果は期待できません。

蓄熱式脱毛レーザーの特徴

脱毛といえば熱破壊式が一的でしたが、近年では「蓄熱式」脱毛の登場で脱毛のイメージが様変わりしています。

蓄熱式は低出力のレーザーを連射して、毛の再生を促すバルジ領域を機能停止させる脱毛方法です。

高い出力を必要としないので、太い毛でも痛みが少なく肌へのダメージを抑えながら脱毛できると男性や子供にも人気です。

照射方法も破壊式と異なり、脱毛する範囲をクルクルと滑らせるようにしてヘッドを動かします。

バルジ領域は60度程度の熱で毛の再生や成長を促す機能を失います。

毛が徐々に弱って抜けていくので、効果を実感するのに時間がかかりますが、仕上がりは熱破壊式と変わりません。

蓄熱式と熱破壊式、脱毛効果が高いのはどっち?

せっかく医療脱毛するなら効率的でしっかりと脱毛できる機器を選びたいですよね。

脱毛効果を判定するなら「施術回数」や「仕上がり」「毛が抜ける早さ」などが注目されがちです。

しかし、男性は毛が太く痛みが強く出やすいので、「毛質による効果の差」や「痛み」「肌トラブルへのリスク」なども考慮して選ぶと満足度が高まります。

脱毛効果判定項目 蓄熱式(ダイオードレーザー) 熱破壊式
効果を実感する回数 5~8回(個人差あり) 5~8回(個人差あり)
仕上がり(ムラや漏れ) 施術者の技術力に関係なくムラや漏れがない 施術者の技術でムラや漏れがでやすい
毛質による効果の差 産毛も剛毛もオールマイティに抜ける 剛毛に効果的だけど、産毛は抜けにくい
毛が抜ける早さ 2~4週間かかる 照射直後~1週間
痛み 出力を抑えていることで肌にも低刺激 デリケートな部位は特に痛みを感じやすい
肌トラブルのリスク アトピーや敏感肌でも照射可能 肌の色や質、重複照射などで火傷のリスクが高まる

料金設定にも注目

最新機器であれば性能が高く新しい技術も搭載されます。

また、導入しているクリニックも少ないので料金設定は自然と高くなる傾向にあります。

つまり、熱破壊式よりも蓄熱式の方が比較的高く設定されていることが多いでしょう。

あとは、麻酔やシェービング、トラブルに対する診察や薬の処方で追加費用がかかるかどうかも要チェックです。

渋谷三丁目クリニックはメディオスターモノリスで勝負!

レーザー脱毛器

効率的に脱毛するなら、熱破壊式と蓄熱式が切り替えられるダイオードレーザーがおすすめです。

蓄熱式で幅広く照射したあとにピンポイントで熱破壊式に切り替えることもできます。

渋谷三丁目クリニックの脱毛機は「メディオスターモノリス」でメディオスターシリーズの最新機種(2021.1月現在)です。

出力調整や施術説明には細心の配慮をしています。効率よく納得できる結果をだしたい方はお気軽にご相談ください。

渋谷三丁目クリニック 理事長

麻酔科専門医

一般社団法人東日本麻酔科医ネットワーク 代表理事

日本全国、すべての男性に、
専門特化の美容医療を。

医療脱毛やAGA治療の第一歩として、
無料カウンセリング(無料相談)を承っております。
専用フォーム、または、お電話にてご予約ください。